看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善

看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善

看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善

看護師を募集する求人の数は、年々増え続けていると言われています。日本の医療、介護の現場は慢性的な人手不足に悩まされています。そして、これから超高齢化社会を迎える日本は、未来においても看護師は足りなくなってくると言われています。

今回は、看護師不足による看護師の労働環境、労働条件の変化と、看護師の未来についてお伝えしていきます。

まず、看護師の求人を語るうえでお伝えしておかなければいけないのが、全国の看護師の人数についてです。意外にも、看護師の人数は年々増え続けており、2011年には約102万人だった正看護師の数は、2015年には117万人を超えています。正看護師増加の流れは今後も続くと見られており、看護師不足が叫ばれている現在の状況とは矛盾した結果になっているのです。
一方、准看護師の人数は年々減っており、今後は准看護師という制度そのものが廃止になると言われています。その理由としては、仕事内容がほとんど同じなのに出世できず待遇が悪い傾向にあるからです。准看護師から正看護師になる人の割合が増えている理由もあるのかもしれません。

ではなぜ看護師の人数はどんどん増えていっているのに、医療機関では看護師不足が深刻化しているのでしょうか。原因はいくつかあるため、一概にこれが原因とは決められませんが、主には2つ、 「看護師の離職率の高さ」 と 「診療報酬の改定による人員確保」 です。

看護師の仕事は、基本的に激務です。長時間労働、残業の多さ、夜勤や交代勤務などの不規則な勤務形態に悩まされて、病院を辞めてそのまま看護師という仕事そのものを辞めてしまう人が非常に多いのです。とくに看護師は女性が多いですから、結婚、出産、育児というライフイベントを機に辞めてしまうという人も多いです。

毎日長時間働いて、自分の時間がとれない状況が長く続けば、仕事にたいする不満が溜まっていくのもある意味納得できますし、女性であればなおさらですよね。労働環境の改善は今後の看護師不足の改善の鍵になると言われています。

2つ目は診療報酬の改定で人員を多く確保しなければいけない状況になっているからです。2006年に実施された診療報酬の改定で、「7対1の看護基準」が導入されたことにより、経営的に人員確保が難しい、地方の中小病院が看護師不足に陥っています。7対1の看護基準とは、患者7人に対し看護師が1人いなければならないという決まりです。それに満たないと診療報酬をカットされ、病院を経営していくうえで非常に不利になってしまうため、病院側は看護師をたくさん雇いたいと考えているのです。

看護師の求人と労働条件を語るうえで外せないのが、「看護業務のIT化」です。IT技術の進歩が目覚ましい現在では、医療の現場にもITの波がどんどん押し寄せてきています。今後もこの流れはどんどん進んでいくと言われています。現在でも電子カルテによる業務の効率化や、バイタル測定機器のデータ自動送信など、高度なIT技術が、医療現場に変革をもたらしていますよね。しかし、IT機器の操作に慣れず、電子カルテも充分に使えない看護師が業務を滞らせてしまうといった問題も浮上しています。逆に考えると、パソコンなどの操作に強い看護師がいれば、病院側はそういう人を優先的に雇いたいとなるわけですので、転職を考えている人はそういった部分も意識してみるといいかもしれませんね。また、看護業務がもっともっとIT化されれば、看護業務での負担が減り、現在の厳しい労働環境も改善されていくと言われています。

話しを本題に戻しますが、上記のような理由により、現在看護師不足はとても深刻です。そして、それに比例するように、病院からの看護師募集の数がどんどん増えていっています。そんな現状を鑑みた日本政府は、2008年よりインドネシアやフィリピンなどのアジア諸国から外国人看護師の受け入れを始めました。政府は、受け入れの目的は、国際貢献であり人員不足を補うためではないと主張していますが、現状、外国人看護師を迎え入れた医療機関の多くが人員不足の解消を目的としています。しかし、言語の違いが障壁となり日本語で行われる看護師国家資格に合格できない、医療現場で日本語のコミュニケーションをとることが困難であるなど多くの問題が生じているため、正直現状はそれほど変わっていないと言えるでしょう。

このことからわかることですが、今後は看護師を取り巻く勤務条件、労働条件はどんどん改善していくと言われています。というより、もう現状で勤務条件、労働条件は改善傾向にあります。理由としては、看護師の復帰を促すような求人を病院側から提案しなければ、人手不足は一向に解消しないからです。現在、看護師資格があるのに看護師として働いていない人の数は全国で70万人以上いると言われています。こういった人のことを潜在看護師と呼ぶのですが、この潜在看護師に再び現場に復帰してもらうため、労働環境の改善など、様々な取り組みをしている病院が増えてきているのです。

結婚、出産、育児を機に看護師を辞めてしまった人が多い現状ですから、長時間労働や夜勤などハードな現場を少しでも改善していけるよう、雇う側も理解してくれているわけですね。その流れは求人を見ていてもあらわれており、現在病院の求人はどんどん条件が良くなっていると言われています。看護師が不足している現状ですから、病院同士で看護師を取り合っているような状況なわけです。そんな状況で給料も労働条件も悪かったら他の病院に看護師が流れていってしまいますからね。

このように、売り手市場になっている以上、看護師の未来は明るいと考えてもいいですし、転職をして良い条件の病院に行ける確率はどんどん上がっていると言えるでしょう。とはいえ、世の中なにが起きるかわかりません。現状に甘んじず、看護師としての将来は自らの手で切り開いていって下さいね。

現役看護師からの転職・求人アドバイス

ここからは実際に看護師として転職活動をするうえで、労働条件を改善することに成功した私からの転職、求人のアドバイスをお伝えしていきます。

私は、看護師の勤務条件、労働環境にとても不満を感じていました。命を預かる現場である以上、大変な仕事であることは覚悟していたのですが、それにしてもこれはないんじゃないかなという点が多すぎたのです。看護師が嫌いなわけではなく、もっと良くなれば看護師を目指す人も増えるんじゃないかなと一看護師でありながらふと考えてしまうことが多かったです。

というのも、私がいた病院はサービス残業が当たり前の病院でしたし、朝も勤務開始時間よりも前に行って準備することがたくさんありました。そのうえで交代勤務で生活は不規則になりますし、残業代がもらえない分給料も労働時間の割にとても低いと感じていました。生活が不規則になるのはこういう仕事である以上仕方がないですが、残業代が全くといっていいほどもらえないというには納得がいかなかったんです。

さすがにこのまま続けていくのは厳しいと感じ、転職することに決めました。条件は、サービス残業がせめて少ないところと、給料が今よりも高い病院です。

とはいえ、普通の求人サイトでは病院の内情まではなかなかわからなかったため、看護師専門の転職・求人サイトに登録して、専任のスタッフに面接前に代わりに問い合わせてもらうようにしました。このシステムはかなりありがたく、求人票に書いてない病院にとって都合の悪いことまで調べることができるので、本当に良い求人が見つけやすかったです。

最初はそれでも、病院なんてどこも同じなのかなという感覚でいたのですが、探してみると条件の良い病院はけっこうありました。そのことにも凄く驚いてキャリアアドバイザーと呼ばれる専任スタッフに聞いてみると、人手不足の病院が多く、他の求人との差別化のために好条件を提示しているところが最近増えているとのことでした。また、同じ悩みを持って転職する人が凄く増えているので病院側も配慮しているとのことでした。

なるほど、と思いつつ、見つけた求人の中で自分でもやっていけそうだというところを探し、そこを受けてみることにしたんです。そして、無事に合格することができて、今でもそこで働いています。

今働いている病院は残業代はしっかりもらえますし、基本給も前よりもアップしました。同じ看護師の仕事ですし、変わらず大変なことが多いですが、正当な給料がもらえるというのはやりがいにもなりますし、なによりモチベーションが上がります。

このことから私が言えるのは、もし今の病院の勤務条件、労働条件が悪く、改善していきたいと考えるのであれば、転職することを第一にオススメします。昔と違い、今はブラック企業の話題がネットにあがることも多いですし、看護師の待遇は徐々に改善されているように感じます。転職するなら今がチャンスということでもあるので、悩んでいる方、環境を変えたい人は、チャレンジしてみるのがいいですよ。環境のせいで看護師を辞めてしまうというのは勿体ないですからね。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング