看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 麻酔科

看護師転職・求人の診療科目別 麻酔科

看護師転職・求人の診療科目別 麻酔科 ある日のタイムスケジュール

最近では、麻酔科というものの需要が高まっています。
それだけ痛みに苦しんでいる方が多いのです。
患者さんのさまざまな痛みにアプローチしていくのが麻酔科なのですが、麻酔科への転職を考えている看護師の方も多いことでしょう。
ここでは、実際に麻酔科で働いている看護師の方のタイムスケジュールをご紹介していきたいと思います。
いわゆるペインクリニック外来に勤めており、日勤のみのタイムスケジュールになります。

7時00分 起床
朝起きて、軽く体を動かしてから朝食をとります。日勤のみでもハードな仕事になりますので、朝食はしっかりと食べておきます。

8時00分 出勤
クリニックに到着したらすぐに着替えて業務に取り掛かります。予約の患者さんが来院する前には、患者さんのカルテと一緒に使う予定の注射薬剤やシリンジなどをセットしておきます。患者さんが来院されたときにすぐ使える状態にしておき、さらに滅菌済みの手袋やピンセット、バットなども十分な数を用意しておきます。清潔操作や無菌操作はかなり多くなりますので、事前に準備をしておかないと間に合いません。

12時00分 休憩
12時00分から1時間の休憩をとります。午前中がバタバタしていると、やはり時間が少し遅くなることもあります。休憩が多少短くなることもありますが、昼食を取る時間は十分に確保できます。

13時00分 午後の業務
午後からの業務です。患者さんの受付や問診をおこないます。初診の患者さんは最初にドクターの診察に案内し、再診の患者さんはベッドに案内します。それぞれの患者さんに予定されている処置に合わせた体位をとってもらい、あとはドクターからの処置を待つだけです。この作業を患者さんの数だけおこなっていきます。

17時30分 勤務終了
勤務終了なのですが、患者さんの処置に時間がかかる場合にはやはり勤務時間が延びます。その日にもよりますが、17時30分きっかりに終わるということはほとんどありません。

19時00分 帰宅
ようやく帰宅です。疲れているので、お風呂にじっくりと浸かってその疲れを癒します。夜更かしはせずに早めに寝て、翌日に備えます。

麻酔科で働く看護師のメリットとしては、やはり専門性の高い仕事ができるというところでしょう。
最近では、緩和ケアのニーズも高まっていますので、麻酔科の業務内容も増えています。
麻酔というと通常は手術を思い浮かべるのですが、手術以外の部分で麻酔を使うこともかなり多くなりました。
通常の病棟や外来勤務であれば、やはり麻酔に携わることはほとんどありません。
麻酔科だからこそ経験できるものも多く、そういった経験は思っている以上に貴重なものです。
特に、麻酔科の看護師は数が少ない傾向にあります。
だからこそ、麻酔の知識が豊富な看護師というのはそれだけで重宝される存在になります。
当たり前のことなのですが、麻酔科ではありとあらゆる分野における疼痛コントロールがおこなわれることになります。
そのため、看護師は麻酔科に転職することによって疼痛コントロールの知識を増やすことができます。
麻薬を使うこともあれば、ブロック注射をおこなうこともありますので、疼痛コントロールに使う薬剤に関しても知識を増やしていくことができます。
どこの病院へ転職するにしても、麻酔科ということであれば疼痛コントロールが必須ですし、それが看護問題にもつながってきます
貴重な知識を身につけることができるといえるでしょう。
もちろん、転職してから身につけるだけではなく、転職前に疼痛コントロールに使われる治療や薬剤についてしっかりと自分でも勉強をしておきましょう。

看護師転職・求人 診療科目別 麻酔科 転職・求人先と仕事内容

麻酔科の求人先ということなのですが、基本的には大学病院や総合病院にあるペインクリニック外来となってくるでしょう。
もちろん、小規模なペインクリニックの求人もあるかとは思います。
麻酔科での仕事内容は、基本的に外来業務がメインになってきます。
問診やドクターの診察の補助、検査介助、採血、点滴の投与などをおこなっていくことになるでしょう。
これらに加えて、看護師はドクターと患者さんの間に立って橋渡しをしなければいけません。
特に、痛みというのは主観的なものになります。
見た目ではわかりませんし、検査でもわかりません。
だからこそ、看護師が問診で患者さんから「どこが痛いのか」「どれくらい痛いのか」「いつから痛いのか」といった情報を聞き出していく必要があるのです。
そして、それを的確にドクターへと伝えなければいけません。
これができて、初めて患者さんにとっての最善の治療ができるのです。
もちろん、「患者さんがドクターに直接伝えればいいのでは・・・」と思う方もいるでしょう。
ただ、患者さんにしてもドクターにしてもコミュニケーションがうまくとれない方というのはいるものです。
実際に、ドクターの前では本当のことが言えないという患者さんも多くいらっしゃいます。
だからこそ、看護師が間に入っていくべきなのです・。
あと、麻酔科では痛みを抱えている患者さんすべてに神経ブロック療法をおこなうわけではありません。
患者さんやその痛みに応じて、保存療法にするか、内服薬を処方するか、神経ブロック療法をおこなっていくかを考えていくことになります。
患者さんにとってその治療法がベストで、もっともQOLが上がるのか、患者さんが満足するのかを考えるのも看護師の大切な仕事です。

看護師転職・求人 診療科目別 麻酔科 現役看護師からの転職・求人アドバイス

麻酔科への転職にあたってのアドバイスということなのですが、病院によっては片頭痛や椎間板ヘルニアなどの一般的な疾患におけるペインコントロールだけではなく、がん性疼痛への緩和ケアをおこなっているところもあります。
やはり病院の外来にあるペインクリニックになると、緩和ケアに力を入れているところが多くなります。
一般的なペインコントロールだけでなく、緩和ケアにも興味があるという方はそういったところから転職先を選んでいくといいでしょう。
患者さんの中には、在宅で療養している方もいらっしゃいます。
そういった患者さんのために訪問診療をしてペインコントロールをしているところもありますので、在宅医療や訪問看護に興味のある方は訪問診療をおこなっている転職先を選ぶといいかもしれません。
麻酔科というのは、比較的特殊な診療科になりますので、一般的な看護師の仕事とは違ってくる部分も出てきます。
基本的には麻酔科への転職となってくるとペインクリニック外来での業務がメインになってきますので、一般的な看護というのはそこまで目立ってきません。
ただ、麻酔についての知識や経験というのはどこに行っても役立つ知識であり、経験でもあります。
一方で、そういった知識や経験が身につけられる麻酔科の看護師募集というのはかなり少ないものです。
これはそれぞれの病院での看護師の位置づけの違いによるものです。
というのも、麻酔科として看護師を置いているところもあれば、手術室の看護師がそれを兼ねるところもあるのです。
麻酔科への転職にあたって求人を探してみたときには、やはりその少なさに驚くことになるでしょう。
選択肢というのは最初からかなり限られてきます。
ただ、麻酔を専門的にと考えるのであれば、麻酔科だけではなく、手術室勤務といったものも選択肢として考えていったほうがいいでしょう。
また、麻酔科では看護師に求められるものも多くなります。
やはりある程度の臨床経験があることが求められますし、特に神経ブロック注射や関節腔内注射の介助の方法、鎮静剤や麻酔薬についての知識といったものは必須といっていいでしょう。
看護師はドクターと患者さんの間に入ることになるのですが、ドクターとのコミュニケーションも重要になってきます。
ドクターによって使う道具や麻酔の種類、量といったものは異なってきます。
指示される前に、看護師のほうで必要なものをすぐに用意できるようになるのが理想です。
日頃からしっかりとイメージトレーニングをしていきたいところです。
患者さんからの正確なヒアリングも求められます。
患者さんの状態を正確に把握しないと、やはり適した治療というのはできません。
急変時の対応を求められることも多くなりますので、ヒアリングスキルも必須といえるでしょう。
施術後の患者さんの管理も大切で、複数の患者さんを同時に管理することも求められます。
もちろん、看護師であれば複数の患者さんを担当するということはよくあるものです。
しかしながら、患者さんを同時にモニタリングし、少しでも異常があればすぐにドクターに連絡を取るといったことは思っている以上に大変です。
さらに、頭痛や三叉神経痛、腰痛症、下肢痛などの痛みからがん性疼痛まで、本当にさまざまな痛みを扱うことになりますし、必要に応じて神経根ブロックや硬膜外ブロックなどのブロック治療もおこなっていくことになります。
そのため、幅広い疾患の疼痛コントロールについて知っておく必要がありますし、外来をさばく看護スキルも求められます。
最近では、緩和ケアにも麻酔科の看護師が求められるようになっています。
麻酔は手術のときでも緩和ケアのときでも、その人の体格や病状に応じて使える量が決まっています。
少なすぎても多すぎてもいけません。
麻酔のためのドクターとそのドクターをサポートする看護師は、時代に求められているといってもいいでしょう。
もし、がん性疼痛について強く学びたい、経験したいという場合には、麻酔科ではなく緩和ケア病棟へ転職したほうがいいかもしれません。
麻酔科ではあまり一般的な看護というのは目立たないのですが、やはりスキルとしては必要になってきます。
外来での経験があると心強いです。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング